京つう

  住まい・建築  |  右京区

新規登録ログインヘルプ


2009年06月10日

『廃墟建築士』

小説はあまり買わない。
けれど先日なんとなく買ってしまった(笑)。

『廃墟建築士』(三崎亜記 集英社)。

建物をめぐる奇妙な物語が4つ納められた短編集です。
作者は建築関係の方でもなんでもなく、文学部出身の作家さんです。
(って、なんだか著名な方みたいですね、知らなかったのは私だけ(笑)?)

4つの物語の内の1つが「廃墟建築士」という物語です。
あまり内容を書くとネタバレになるので控えめにしますが、
廃墟を設計、建築するという廃墟建築士というのはもちろん架空の職業です。

ですが、私にはそれがどうしても架空の仕事には思えない(笑)。

なぜか?

ごくごく大雑把な説明をしますと、「建築」をめぐる言説の中にはこんなものがあります。

「建築はさまざまな条件、予測、提案等プロセスを経るけれど、いつまでも
 プロセスに浸っていることは出来ない。いつかは「切断」して「形」に
 とどめなければならない瞬間がある(作家主義的切断)。
 つまり完成はある意味で仮であり、と同時に「死」でもある」

ここで「死」とは建築的には何か?
そうです、「廃墟」に他なりません(笑)。

そこで『廃墟建築士』です(笑)。
もちろん作者はそんなふうなことはまったく意識していないでしょうし、
物語が伝えんとするところもまったくちがうところにあります。

けれどワタクシとしては、主人公が延々と廃墟を作るというその設定が
なにか象徴的なできごとのように思えて久しぶりに楽しく(?!)読めたのでした(笑)。

もちろんそんなの抜きにしても、非現実をエッセンスにしたやさしくて
おもしろい物語ですので興味のある方はどうぞ。

あ、でもこんなことを書いてると建築家はみんな「廃墟」を作っているのか
なんて思われそうですけど、もちろんそんなことはありません(笑)。

(でもね、建築的には本当は難しくて本質的なテーマなんですよ、「切断」って。)
  


Posted by +0 atelier at 22:10Comments(2)