京つう

  住まい・建築  |  右京区

新規登録ログインヘルプ


2007年06月25日

抽象を具象に

私の作品をアメリカ在住のプログラマーの方に
見てもらえる機会がありました。
いつかは一度見てもらいたいと思っていた人で
念願かなったわけです。

私の英語力はぜんぜんなので通訳を介してとなりました。

見てもらった作品はあえて全体を把握しずらくしているにも
かかわらず、ある場所を空間のセンターと位置づけ、そこから
空間の流れを読まれました。

プログラマーといえばタイピングが仕事の様に想像しますが、
そうでなく、あるアイデアや、おもしろそうだけどまだ実体
のない抽象的なものを把握して、プログラムで実装、具現化
する作業(まさにクリエイター!)なのだと彼の一番の理解者から
教えてもらい納得。

私のデザインした抽象的な空間が彼にマウントされた様で、
本当に嬉しい時間でした。

ああ、本当にこの仕事しててよかった。



Posted by +0 atelier at 10:57│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。