京つう

  住まい・建築  |  右京区

新規登録ログインヘルプ


2007年07月02日

ちょっと少ない。

「速度は色彩を殺す。ジャイロスコープが猛烈な速度で回ると灰色になる」

というポール・モランの言葉を引用して、ポール・ヴィリリオが「灰色のエコロジー」を
語ったのが15年前。

自然の汚染に加えて、機械によって距離や速度が汚染されているとか、
たしかそんなふうなことだったような。

ネットの世界では誰が隣人なのか、なるほど汚染されているみたい。
都市計画家の彼はそんな汚染に立ち向かうべく緑(自然)のエコならぬ、
「灰色のエコロジー」を唱えたのでした。(たしかそんな感じ)

なんでこんな話しを書いているかというと、
先日、写真の量りを妻が購入。
いつもあげている猫の餌をきちんと量ってみるとちょっと少ない。
ごめんよ、うるめ(猫の名前です)、重さってよくわからんのや。
と思った時に先の話しを思い出したのでした。

距離は汚染されていても、重さはまだまだ身近なところにあるのかも。
量りさえあれば?

ちなみに書き出しの引用は、NTT出版「Anywhere」からでした。
うーんこの本探すのに苦労しました。



Posted by +0 atelier at 22:02│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。