京つう

  住まい・建築  |  右京区

新規登録ログインヘルプ


2007年07月12日

WWW

読み返していた本の注釈に「WWW(ワールド・ワイド・ウェブ)」が入っていた。
ホームページのアドレスに入っているあれです。

一体いつの本?と奥付をみると1998年初版。
この頃はまだWWWは一般的ではなかったということでしょうか。
たったの9年前。
(私が27歳。関係ないか。)

ウィリアム・ギブスンの小説で、SF的未来世界にもかかわらず、
主人公の仕事を自転車のバイク便にしていたのがあったような。
どんなにサイバーテクノロジーが進化しても物理的な「物」を運ぶ
作業は逆に残るとか、たしかそんなふうなことを言っていたような。

軍事用の通信でも傍受、妨害のリスクから考えると最後の砦は「有線」に
なるという話もある。

なんともアナログですねぇ。

このインターネットがモールス信号なみに古く見える時がきても
人に住処が必要な限り、アナログな建築は残りそう。

いや待てよさっきの小説で主人公の住処はバラックだったような。
「家」なんて要らない時が来たりして。

うちの「家」のあじさいです。



Posted by +0 atelier at 18:30│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。