京つう

  住まい・建築  |  右京区

新規登録ログインヘルプ


2010年09月30日

テルマエ・ロマエ

少し前のこと。
お仕事で知り合ったのですが、趣味の話しが合って以来親しくさせて頂いている方が
おもしろい物を持って来てくれました。

『テルマエ・ロマエ』(ヤマザキマリ著)

知ってました?
「マンガ大賞2010」と「手塚治虫文化賞」を奇跡のダブル受賞!って
話題になったマンガだそうです。

主人公は古代ローマの建築家。
ひょんなことからタイムスリップして現代日本の大衆浴場を垣間見ます。
そこで見た(未来の)技術、風習、文化などを古代ローマの大衆浴場で再現し、
それらが斬新さをまとってうけるというお話し。

あったんですね、大衆浴場、古代ローマにも(笑)。

著者によるとこの頃のローマ人はお昼の1時で仕事を終わりにして、
あとは昼食とお昼寝にあてるか、公衆浴場で過ごすというものだったそうです。

いいですねー!
浴場には水で薄めたワインなんかもあったそうですし。
日本でいうところの「温泉、湯船に浮かべた冷酒をキュッ」ってやつですかね(笑)。

にしても著者のヤマザキマリさんという方、波乱の人生を歩まれているようで。

こないだPHPにインタビュー記事が載っているのを読みました。
奇想天外さはこのマンガに負けず劣らずですが、
でも描くにあたってかなり入念に当時のローマを調べられている感じですから
そのあたり、きっと芯の通った方なんでしょうね。

(いいでしょこの写真。この車を買ったappiaさんが撮ってくれてたんです!)



Posted by +0 atelier at 12:01│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。