京つう

  住まい・建築  |  右京区

新規登録ログインヘルプ


2007年07月29日

萌えぇー?

昨日の予告通りメイドカフェの話。

つい先日、大変お世話になっている方にお誘いいただき、
食事会へ参加させていただきました。
言っときますが、これは中華料理屋さんで、メイドカフェではありません。
私を含め6人程がひとかたまりのテーブルでした。

で、何のきっかけか、メイドカフェ(メイド喫茶?)に行ったことがあるか、
という問いに6人中、2人が興味本位で行ったことがあると。
場所は秋葉原。メッカですよね。
知らない世界だけに興味津々。

で、何が驚いたって、メニューは一応喫茶店なので
普通にひと通りあるのですが、そこはメイド喫茶。
それなりのオプションが設定されている。そのひとつが、
「ふーふーあーん」500円
なんのことだかわかります?

つまり、オムライスなんかの「お食事」にこれをつけると、
メイドさんがスプーンにのったオムライスを「ふーふー」と冷まし、
「あーん」といって口に運んでくれる。

しかも1回だけ!

この喫茶店にかよわれている方は「なんだ、そんなこと?」かもしれませんが
かなり衝撃的な(?!)オプションメニューでした。

ちなみに、はじめからセットになってたりもするそうです。つまり、
「オムライス ふーふーあーんセット」
といった具合です。
なんと言えばいいのか。

さらにもう一つ、奇妙な話。

そのメイド喫茶の内装が、「小学校の教室風」になっていたと言うのです。
机とイスも小学校で使っていたもの。なのに店員さんは例のメイドさんの格好。
さすがに黒板はあったのかとか、机の配置は?なんて聞けませんでしたが、
なんで?なんかおかしくない?

で、せっかくなのでこのあたりのことを明快に解き明かしてくれる本を
紹介しておきます。

「動物化するポストモダン 東浩紀(講談社現代新書)」

オタク系文化の構造にはポストモダンの本質がよく現れているという、
そんなふうなことを解明してくれる、すごい本です。
おもしろいですよ。

けれど、建築の世界にも学校教室セットという「萌え要素」があったとは!
うーん、近すぎて気付かないとはこのことですね。

(お口直し(?)にきれいなお花を・・・。)



Posted by +0 atelier at 18:30│Comments(2)
この記事へのコメント
萌え~。
メ、メイド喫茶・・・。行ってみたいような、怖いような、行ってみたいような、自分の中の何かが壊れてしまいそうな、目覚めてしまいそうな、そんな魅力。
是非一度行って見て下さい。そしてレポートをブログにアップしてくださいね。
Posted by のり at 2007年07月29日 22:25
のり様へ

うーん、なんたる誘惑。
もし私が目覚めたら・・・。

京都にも寺町通りに一軒あるそうですね。

いやいや、やめときます。

のりさんこそどうぞ、どうぞ。
なんてね(?!)。

ではでは。
Posted by +0 atelier at 2007年07月29日 23:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。