京つう

  住まい・建築  |  右京区

新規登録ログインヘルプ


2007年08月30日

甲子園球場

28日のプロ野球「阪神vs広島」戦、引き分けでしたね。
実は(という程でもないのですが)、あの試合を甲子園球場で見てきました。

たしか、小学生の頃に父に連れて行ってもらって、それ以来初めての甲子園。
小学生の頃は野球自体を楽しめず、「イカ焼き」とかジュースとかをしきりに
ねだって、父を困らせていたのを覚えています。

あの時の「イカ焼き」はまだあるのだろうかとか、
そんなふうなことも思いつつ、いざ球場に入って、ライトスタンドに座ると、
「そんな感傷ええし、早よ応援したって!」
と言わんばかりの声援。すごいの一言。

なんなんですか、あのタイガースファンの盛り上がり。
めちゃめちゃ面白かったです。

例によって7回あたりになると皆がフーセンを膨らませ始めます。
勢いあまって膨らませ過ぎ、フーセンを破裂させる音があちこちで聞こえてきます。
パァーン!
ボン!パァーン!
「よっしゃー、みんなもうちょっと落ち着こー!落ち着いて膨らまそー!」
そんなヤジも聞こえる中でのロケットフーセン。
迫力でした。

こんなエピソードも。
ここ一番で外野フライに倒れた阪神の攻撃。
広島の選手が、その外野フライで捕ったボールをファンサービスのつもりで
ライトスタンドへ投げ入れると、
「そんなもんいらんわいー!」
「返したれー!」
とブーイング。中には、
「100円で売ったれー!」
と、あくまでも大阪人。

今度行く時は必ずメガホンを買おうと心に決めたのでした。

(花火の様に舞うロケットフーセン)

(いつまでもフーセンと手放さない前の席のお子様が
 時折バッターボックスを隠してしまうのでした(笑)。おお!消える魔球!)



Posted by +0 atelier at 18:30│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。