京つう

  住まい・建築  |  右京区

新規登録ログインヘルプ


2007年09月22日

ユトリロ

このブログの少し前の記事で、
私は絵を見る時、あまり略歴や解説を見ないなんて書きましたが、
知れば知ったでおもしろいものですね。

たまたまユトリロを紹介する文章を読む機会がありました。

ユトリロは、ルノアールやドガのモデルをしていたという女性を母に産まれます。
父親は不詳。後にミゲル・ユトリロという男性のもとに入籍して、
そこで初めてユトリロという姓になります。
17歳でアルコール依存症になり、更生の一環として母に絵を描く事を勧められたことから、
画家としての道を歩み始めます。

主に建物や町並みを描きますが、屋外での写生はしなかったとのこと。
絵はがきや写真をもとに絵を描いたといわれているとか、そんなふうなこと。

そう言えば、絵に生活感がないし、なんだか憂鬱そうですものね。
静かでさみしそう。
絵を観る深さがここにあるのかもしれませんね。

いや、待てよ。
でもね、これを知ったら今度からこんなふうにしか観れなくなってしまったような。

え?それは私の能力の問題?
うーむ。それならばやはり、知らない方が・・・。
いや、うーん、・・・深い。

(白川。三条通りあたり photo by うるめもどき)



Posted by +0 atelier at 18:30│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。