京つう

  住まい・建築  |  右京区

新規登録ログインヘルプ


2007年10月12日

GUI

マウスでアイコンをクリック。
このブログをみている方は、そんな動作を今さら意識しませんよね。

いわゆる“GUI”(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)。
パソコンに命令する動作を直感的に出来るように、
人とコンピューターをつなぐ仕掛け。
昔はパソコン=オタクでしたが、
このおかげで誰にでも(?)パソコンが身近なものになりました。

人とパソコンという全く別の世界を「つなぐ」インターフェース研究の世界では、
この「マウスでアイコンをクリック」ですら、
人を機械に合わせた動作だといいます。
そこでは、もっと「自然な」「人らしい」動作で、
コンピューターによる支援を受けられるようにする研究が進められています。

Tシャツ自体が特殊な線で編まれていて、
つねに着ている人の心拍、体温、歩行スピードなどをデジタルデータとして活用する、
なんて話も聞きますね。

一方医学会では、外科手術によって、切断された人の神経と脳を直接電極でつなぎ、
腕が動くようになるなんてことがすでに成功しています。
その人の頭部のレントゲン写真を見ると、
本当に頭の中に電線のようなものが写っているから驚きです。

これらがいつかは融合して、
なんだか想像もつかない世界が来るのかなぁなんて、
そんなふうなことを思うのですが、ユビキタスなんて考え方も、
これに一役かいそうですね。

Ubiquitous(ユビキタス):ラテン語で「いつでも、どこでも」の意。

問題は、「いつでも、どこでも」の後に来る言葉ですね。
いつでも、どこでも「監視」になったりして。



Posted by +0 atelier at 18:30│Comments(2)
この記事へのコメント
となりで、同居人が、
「攻殻機動隊」がどうたらこうたら言うてます。
ウォシャウスキー監督の「マトリックス」も、
そういう映画でしたよね。と。

私にはさっぱりわかりませんが、
なんか目をキラキラさせて言うてます。

よかったら、今度家来ませんか?(^-^)

ちなみに、自衛隊では、作業服と迷彩服を総称して
「戦闘服」というらしいです。

ほんと、よかったら今度家来て下さい。
エアガンの89式小銃、撃ち放題です。
Posted by 京おんな at 2007年10月12日 23:50
京おんなさん、こんにちは。
同居人様の言う通り、この記事を初めは
「マトリックス」に引っ掛けて書こうと思ってました。
その場合はこんな感じです。

「マトリックスや攻殻機動隊で描かれる世界くらいに
 人と機械が融合すると、インターフェースなんて概念自体
 なくなっているかもしれませんね。
 だって、首のうしろでケーブルを「直結」してるんだから」

同居人様、どうでしょう?

よろこんで遊びにお伺いさせていただきます。
その時はP90持っていきます。
それを口実にファイブ・セブン買おうかな。なんちゃって。
Posted by +0 atelier at 2007年10月13日 15:22
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。