京つう

  住まい・建築  |  右京区

新規登録ログインヘルプ


2007年10月15日

プッチン

昨日の夜、久しぶりに妻と山科の実家へ寄りました。
ちょうど姉が一時帰国しているもんですから、
皆でそろって夕飯を食べようというものです。

ぺちゃらくちゃらとしゃべりながら夕飯をすませ、
食後にプッチンプリンを食べようということに。

このプッチンプリン、35周年とやらで、今3個パックが復活して販売されています。
今まではビッグサイズしか出てなくて、
ちょっと大きすぎるので食べたくても敬遠していました。
(皆さんの中にもそんな人がいるはず!)
そこへいくとこの「ふつう」のサイズはちょうどいい。
なんといってもなつかしい。

しかしなつかしいだけじゃない。
ちゃんとプッチンのところの形状が改良されていて、プッチンしやすい。
それでいて自転車のかごに入れて持って帰る時の振動でも折れないようになっているとか、
そんなふうなことらしいです。

で、一家5人の前に、小皿の上に容器をうつぶせにしたプッチンプリンが並びました。
後は各自、プッチンするだけの、いわゆるスタンバイ状態。
すると父が、
「なんやこれ。なんでうつぶせなんや?」
「え?お父さん、プッチンプリン知らんの?」
「いや、プッチンプリンは知ってる。でもこれをどうするんや?」
すると姉が、
「これはな、こうしてな・・・」
とプッチン。
「あら!また、なんと!ほんでプッチンプリンていうのか!」

あんなに驚いた父を見るのは久しぶりでした。
働きづくめの父が定年をむかえて見つけた大きな感動なのでした(笑)。

それにしてもこの復刻版。
昔より若干、やらかくなっているような。



Posted by +0 atelier at 18:30│Comments(2)
この記事へのコメント
かわいらしいお父様♪

お姉さま海外にお住まいなんですね。
うらやましいです。
Posted by bun at 2007年10月16日 16:44
bunさん、こんばんは。
父は結構本気で驚いていたので、
一同爆笑でした。
ごく、たまーにこうゆうことが起こるんですよね。
すぐに「ブログにしよう」と思ってしまいました(笑)。
Posted by +0 atelier at 2007年10月16日 18:55
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。