京つう

  住まい・建築  |  右京区

新規登録ログインヘルプ


2007年10月18日

自然の値段

もうずいぶんと前ですが、メリーランド大学環境経済研究所の
ロバート・コスタンザという教授が、自然に値段をつけました。

この大切な自然に値段など何するものぞ!
という方もおられるとは思いますが、まあまあ、そこはちょっとおさえていただいて。

で、どういうことかと言うと、
生態系が行う様々な作用を「サービス」ととらえ、
それを人間が代替するといくらかかるのか?というもの。

結果は、33兆3000億ドル。

って言われても額が大きくてなんのこっちゃって感じですね。
これは地球上の全ての国のGNPのほぼ2倍だそうです。
多いのかな?
少ないのかな?

「サービス」には、空気の浄化、老廃物の分解、気象の安定や、
沿岸の浸食防止なんかも含まれているそうです。
(「自然の値段」港千尋 より)

まぁ、かなりアバウトな計算なんでしょうけど、
ばくぜんと「自然が大切」と叫んでみるよりかはいいじゃない、
なんてそんなふうなことを思ってしまいました。

あ、ちなみにこれ、あくまで「サービス料」ですよ。
木や動物や土壌本体の価格は含まれておりません。

それこそ「値段はつけられません」ってね。



Posted by +0 atelier at 18:30│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。