京つう

  住まい・建築  |  右京区

新規登録ログインヘルプ


2007年10月22日

情報の内部

サイバースペースという概念が生まれる前までは、
メディア(例えばラジオやテレビ)は「遠くの情報を近くに引きよせる装置」でしたが、
サイバースペースの考え方はこれを逆転して、
人が情報空間内部に含まれる状態であると表現できる。
そんなふうなことが「サイバースペースは何故スペースと呼ばれるか」(東浩紀)という
連載に出ていました。(もう10年も前ですけど。)

「サイバースペースは、精神が純粋に生み出した空間へ
 肉体を文字どおり移し入れることである」

私はこの東浩紀という方の本が好きで、なんとなく思い出しては読み返したり
するのですが、今回もハッとするようなことが書かれていて、
また忘れないようにここに書いてみました。

興味のない方はきっと、まったく興味が湧かない話なんでしょうね。

情報が体の外部にある世界から、体が情報の内部にある世界へ。
怖いような、おもしろそうな。
ウィリアム・ギブスンが小説の中で初めて「サイバースペース」という語を
用いたということですが、それが1984年。
それから23年。
今はどこまでサイバースペースに近づいたのかなぁ。




Posted by +0 atelier at 18:30│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。