京つう

  住まい・建築  |  右京区

新規登録ログインヘルプ


2007年10月30日

現地調査

昨日はお仕事で一日大阪でした。

木造3階建ての建物の改修工事で、まずは現況図を起こすための現地調査です。
1階と2階の内装はほぼ解体されており、構造がむき出しですが、
3階は以前、お住まいにされていたみたいで、それがそのままになっています。
家財は運び出された後の様で、がらんとしています。

その3階なんですが、ほとんどの窓が塞がれていて真っ暗。
電気も付かないので用意したサーチライトで照らしながら進みます。
今回のお話をいただいた方に立ち合っていただき、
二人でせまい廊下をライト1つで進むのですが、なんだかこわい。

真っ暗って、なんであんなにこわいんだろう?(笑)
いったん臆病風に吹かれると振り返ることもできない(ホントこわがり)。

で、早速部屋の大きさや、柱の位置やあらゆる寸法を実際に測っていくわけですが、
途中、1時間ほど、その同席していただいた方が別件で出て行かれ、私1人に。

こわかった。(笑)

暗い夜道や、山の中や、墓地なんかも全然平気なんですが、
そこに取り残された生活感が人の気配を感じさせて、それでこわいのでは?

せめて一度でもオーナーさんのお顔を拝見していれば、きっと違ったはず、
そんなふうなことを考えながらひたすら実測していたのでした。



Posted by +0 atelier at 18:30│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。