京つう

  住まい・建築  |  右京区

新規登録ログインヘルプ


2007年11月07日

美の位置

「美は西洋にとっては一部分、東洋にとってはすべて。」
              (アンドレア・ブランツィ)

ドムスアカデミーの創立メンバーである氏の言葉ですが、
芸術といえばやはり「西洋」というイメージがあるので(私だけ?)、
え?逆じゃないのって思いません?

でもその訳を聞くとなるほど納得。

西洋では、まず、倫理とか道徳という大きな世界があって、
その世界観の一部分に美という概念がある。
ところが東洋では、美という大きな世界観の中に倫理や道徳がある、
そんなふうなことでした。

まったく逆なんですね。

日本では生き方や道徳にも美を求める。
この言葉にあまり違和感がないように、
日本において美という概念がいかに大きくて、
いかに多くのものを抱え込んでいるかがわかる気がしません?

オスカー・ワイルドいわく、

「日本は日本人という芸術家によってつくられた国だ」

だそうです。
まぁそういうことになりますけど、なんだかちょっと・・・ね。(笑)

(漆喰の壁と影)



Posted by +0 atelier at 18:30│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。