京つう

  住まい・建築  |  右京区

新規登録ログインヘルプ


2007年12月08日

第四の自然

何に載っていたか忘れましたが、こんな話。

人は初め、山や森、海といったいわゆる「自然」に
直接暮らしていた。
この山や海が第一の自然。

で、次にその自然の上に道路や街をつくり、
そこで暮らすようになる。
最初は新しい出来事だったんでしょうけど、そのうち慣れて来て、
それが当たり前の「基本」になった時、それは第二の自然になる。

遠くから自分の街に帰ってきた時なんか懐かしいと感じますから
なんとなくイメージできますね。

次はその街、第二の自然の上に、電話をはじめとする通信や
インターネットという情報網がかけられる。
こうして世界は単に情報の集まりという認識が定着して、
これが第三の自然となった。
そんなふうなことでした。

情報の集まりを「自然」と呼べるほどの実感が伴いませんが(笑)、
意味はなんとなくわかります。

じゃあ、第四の自然は?

なんなんでしょうね(笑)。

(ちょっぴり忙しいこのごろ。昨日も更新できませんでした。てへへ。)



Posted by +0 atelier at 18:30│Comments(2)
この記事へのコメント
お忙しいようですね。
寒くなってきましたので、お体を壊されないようにお仕事頑張ってくださいね^^

え~、山や森から道路や街、それから情報の集合体・・・・・。
うぅ~ん、第四の自然・・・・・何でしょう?

・・・・・幽体の集まりとか・・・・・?

自然や環境の破壊が進んで、人間が形を保ったまま生きていくのが難しくなった時、体を捨てて意識のみが残る進化を遂げれば、それもありかな、何てありえない事を考えてみたりしました^^;

SFファンタジーみたいですね(笑)
Posted by at 2007年12月09日 02:04
蛍さん、こんにちは。
お気遣いありがとうございます。

幽体の集まり、いいですねぇ(笑)。
みんなふわふわしてて気持ち良さそうです。
SFといえば、「体を捨てて意識のみが残る世界」って
映画「マトリックス」がまさにこれかもしれませんね。
体は別のところにあって、意識だけでできた仮想空間がある。

でも仮想空間を自然って言うのもねぇ(笑)。
いやいや、それはそれでいいかも、意外と(笑)。
Posted by +0 atelier at 2007年12月09日 11:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。