京つう

  住まい・建築  |  右京区

新規登録ログインヘルプ


2007年12月18日

ロス・ラブグローブというデザイナーの学生時代の逸話。

革のイスを制作するために、
乗馬用の鞍をつくる職人のもとへ訪れると、
その職人は夜の11時でも古い鞍の手入れをしている。
「騎手に何か問題があったのか?それとも特別な鞍なのか?」
と聞くと、職人は言いました。

「乗り手はどうでもいい。私は馬のことを気にしているんだ。
 馬はしゃべれないだろう。」

妻は我が家のネコとよく会話していますから、
乗馬をしている人がこの話を聞くと「馬だってしゃべれるわよ」
とか言われそうですけど(笑)、
気になったのは「乗り手はどうでもいい」というところ。

職人である以上、きっとこの人もそんなことは
思っていないと思う。
それでもそんなふうなことを言う裏には何があるのか?

馬にとって鞍ってなんなんですかね。

で、ラブグローブはこの職人に惚れ込んでイスの制作協力を求め、
美しいイスを完成させたそうです。

ちなみにこのロス・ラブグローブという人、
アップルのニュートンやソニーのウォークマンのデザインも
手がけたデザイナーとのことでした。

(旅行先、雨の日の写真。)



Posted by +0 atelier at 18:30│Comments(2)
この記事へのコメント
こんばんは^^

何か大きな事を成し遂げる人っていうのは、「変人」もしくは「変人を理解できる」人くらいが丁度いいのかも・・・とよく思います。

ところで、この坂、長崎のオランダ坂ですか?
Posted by at 2007年12月18日 23:33
蛍さんこんにちは。
ならばぜひ変人になってみたいものです(笑)。

ちなみに写真はたしか奈良の吉野山だったような。
ずいぶん前なのでたぶんですけど。

いつもコメントありがとうございます。
ではでは。
Posted by +0 atelier+0 atelier at 2007年12月19日 16:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。