京つう

  住まい・建築  |  右京区

新規登録ログインヘルプ


2008年04月10日

淀み

数年ぶりに会う友人に声をかける。

「お変わりありませんね。」

けれどその人は、細胞レベルではすっかり新しい細胞と
入れ替わっているそうです。

友人に限らず、あなたも私も。

例えば、人は脂肪を体に蓄えていますが、余分な脂肪を取り入れた時、
今は足りているからとその新しい脂肪を捨てるのではなく、
古いのと交換して入れ替えるそうです。

そしてこれは脂肪に限らず、脳細胞を構成するDNAの原子でさえも
部分的な分解と修復がなされ、交換されているそうです。
(「生物と無生物のあいだ」講談社現代新書より)

一年後のあなたは一年前のあなたではない(笑)。

「私たち生命体は、たまたまそこに密度が高まっている
 分子のゆるい「淀み」でしかない。」

人は流れる原子の川の淀みであり、そしてこの流れこそが
「生きている」ことであると、そんなふうなことでした。

それにしても、自分の頭の細胞くらいはうまれてから不変のものだと
勝手に思っていませんでした(笑)?

私だけ?

思想・哲学ならまだしも、科学でさえ固定した不変の私を確定できないなんて、
なんだかちょっと困りますねぇ(笑)。

(きっと猫も・・・。)



Posted by +0 atelier at 18:30│Comments(2)
この記事へのコメント
>人は流れる原子の川の淀みであり、そしてこの流れこそが「生きている」ことである

いいですね、コレ。

私という”個”など無い、それを当たり前と受け入れられるか否かは、その人の生き様で違ってくるのかも知れませんね。

私などは昨日言ってた事と今日言ってる事が違う”えーかげん人間”なので、割とすんなり受け入れてしまいます。

・・・マズイですね・・・、それはそれで。
Posted by のり at 2008年04月13日 17:52
いやいや、いいかも(笑)。
「個」なんて無いとわかって気がおかしくなるよりは
その上でなんだか一生懸命がんばるって意外と
できないもんですよ。

ってなんだか悟った風なことを書いてしまいました(笑)。

先日友人が、人生あと半分の歳になったなぁなんて言ったのを
聞いてちょっとドキッとしましたが、たしかに生き様で
違ってくるのかもしれませんね。

ではでは。
Posted by +0 atelier at 2008年04月13日 21:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。