京つう

  住まい・建築  |  右京区

新規登録ログインヘルプ


2017年06月30日

初めてのヨット


以前勤めていた設計事務所の所長は琵琶湖にヨットをお持ちです。
先日お話ししていたら「乗ってみるか?」とのお誘いを頂きました。
はい!是非に!と二つ返事(笑)。
というわけで、産まれて初めてヨットに乗った時のお話し。

とはいえ、実は私は、海か山かと問われれば断然「山」でして、いわゆるマリンスポーツなるものに全然興味がありませんでした。
単純に「泳ぎで息継ぎが出来ない(恥)=15mしか泳げない」ことから来るコンプレックスが私を海なるものから遠ざけているのだと思うのですが(笑)、
それを差し引いてもあの海の開放的な感じが恥ずかしいというか、プールの天真爛漫加減が性に合わないというか。。。

でもま、46歳になってしまえばもうそんなこともどうでも良くなってきて(笑)、
それよりもヨットってどんな?といった興味の方が断然大きくなります。

その日は所員の方も一緒に合計5名で乗船。
ヨットの簡単なお掃除から始まって、帆のセッティングの仕方や段取り、ロープの結び方なんかも教わり、いざ琵琶湖へ。
所長いわく、ヨットは風上に向かう方がラクとのことで(不思議)風に対して一定の角度を保つように帆を右に左にと操ります。
舵を握る人、帆のロープをタイミングに合わせて素早く巻き取る人、それをアシストする人、だんだん皆の息が合ってきます。
黙々とその動作に没頭する。
始めはヨロヨロと進みもしなかったヨットが、だんだん思うように進みはじめる。

「なんか、ヨットってシブい。カッケー」

そんなふうなことを噛みしめながら風に膨らむ帆を眺めていたのでした。

でもね、実は一番感動したのは別のこと。
それは、ヨットはとっても「静か」だってこと。
波や風の音、遠くで誰かがはしゃぐ声もしますが、ヨットの上には確実に静寂が存在します。
その静けさはたぶん「ヨットでしか感じられないもの」だと思った休日なのでした。



Posted by +0 atelier at 16:14│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。