京つう

  住まい・建築  |  右京区

新規登録ログインヘルプ


2008年08月25日

孤高の人

友人にお勧めの小説を聞くと、
新田次郎の「孤高の人」だと、すぐにかえってきた。

読んでみると、うーん、なんかスゴイ。
今まで読んだものがそうじゃないとかじゃないですけど、
あぁ、これが本物の小説なんじゃないか、
そんなふうなことを感じます。

余計なものがなくて、かつ、厚みがあるって感じです。

なーんだ今頃そんなこといってるの?
なんていわれてそうですが(笑)、小説もたまにはいいですね。

実在した単独行の登山家を描いたこの小説。
ただ、その物語や全体をつつむ空気もさることながら、
大正から昭和にかけての時代背景にあって、
ひたすらに自問自答する主人公という切り口から
作家の鋭いまなざしと思想が見えてきます。

というわけで、私もお勧め(笑)。

特に孤独が好きだというあなた、きっと山に行きたくなりますよ(!?)
なんちゃって。

「孤高の猫」



Posted by +0 atelier at 18:30│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。