京つう

  住まい・建築  |  右京区

新規登録ログインヘルプ


2007年07月16日

No!

「どうしたら人間らしくなれるかを子供たちに示すのに、
 音楽にまさる方法があるだろうか?」

指揮者 ダニエル・バレンボイムの「音楽と社会」(みすず書房)での言葉。
曰く、音楽は正反対の二つのことに奉仕出来るそうです。

一つは、全てを忘れて、抱える問題から逃れること。
もう一つは、音楽を勉強することで人間性を学ぶこと。

この二つを「正反対」と言ってしまえるところが
なんともすごいですね。
そして、きびしぃー!

作曲家の残した一音一音の意味を問い、それはおのずと人生、ものごと、を
理解することになる。
そんなふうなことだったと思います。

三大巨匠のひとり(?)フルトヴェングラーのリハーサルでの逸話もありました。

「フルトヴェングラーはリハーサルで二百通りもの「ノー」を試みたが、
 それはコンサートの晩にたった一度だけ「イエス」というためだった。」

ちなみに建築ではよっぽど偉くならないかぎりリハーサルはありません。
ましてや、二百の「ノー」なんて現場監督に刺されます。
ですから、図面の段階でいかに完成品を正確に想像出来るかが大事です。

(写真:平井美行 設計:+0 atelier)



Posted by +0 atelier at 18:30│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。