京つう

  住まい・建築  |  右京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年01月30日

くちばし

「カラスが築いた文明があったとして、進化した生物は
 すべからく鋭いくちばしを持つ、というようなものね」
          (「虐殺器官」伊藤計劃 早川書房より)

先日読んだSFです。
主人公はターゲットの愛人と会話を楽しんでいる。
生物が進化すればすべからく言葉を持つようになると考えるのは
人間の思い上がり。
そんなふうなことを例えた愛人のセリフです。

なんかかっこよくないですか(笑)?

思考は言語に規定されるのか、
それとも言語は思考の一部にしかすぎないのか?

物語の中の愛人は後者であるとして、言葉は人の「器官」であるといいます。
たしかに言葉自体を普段は意識しないですもんね。

そこで、先日のユリイカ 総特集「初音ミク」(青土社)を思い出しました(笑)。

皆さんボーカロイドって知ってます?
音楽ソフト(?)なんですが、言葉を打ち込むとその通り人工音声で歌ってくれます。
有名なのが「初音ミク」。
で、その打ち込みをすると気付くそうです。
「知ってる」の小さな「っ」が「無音」だということに。
ですから「しって」ではなく「し(無音)て」と打ち込むそうです(笑)。

その他にも人が普段話したり歌ったりする時には同じ言葉でも
非常に多くの微妙な変化を無意識におこなっていることに気付くそうです。

うーん、たしかに無意識の度合いは「器官級」かもね(!?)。

(新築作品、竣工しました!HPも是非!撮影:平井美行)

  


Posted by +0 atelier at 18:04Comments(0)

2009年01月06日

再度・サイド・サイード

「世界中に民族は約3000、言語は約5000あると言われています。
 でも国の数は200しかありません。どう考えても、各民族の自決、
 分離独立は不可能です。」
         (「まんが パレスチナ問題」講談社現代新書より)

以前こんな引用をいれました。(その記事はこちら)

楽しい記事をと思ってみたのですがどこのニュースもトップはイスラエルの空爆。
なので再度引っぱってみました。

にしても、年があけたくらいでは何もかわりませんね。

少し前、築地から外国人観光客がしめ出されたなんてニュースがありましたね。
あれを見るとイスラエルとパレスチナは壁をとってごちゃ混ぜに暮らせなんて
言う資格ないなぁなんて、そんなふうなことを思い出してしまいました。

いかん。
また暗ーい感じになってしまった。

でも上の引用文。結構言い当ててる様な気がして好きなんですけどね。

次回こそは明るい話題で!
  


Posted by +0 atelier at 12:12Comments(0)

2009年01月02日

白い息

いただいた年賀状のいくつかに
「ブログ見てますよ」のありがたいひと言。

うっ、かれこれひと月以上ほったらかしなのに!ごめんなさい!

というわけで新年早々お詫びから始まってしまいましたが、
皆さま2009年のお正月、いかがお過ごしでしょうか?

築80年の我が家の朝はおそろしく寒く、朝なかなかふとんから出られません。
そんな中いつもそばで寝ているはずのうるめちゃん(うちの猫)がいません。
おや?
気になって居間におりてみると縁側にひとり佇んでおられました。
見ると大きなあくびをひとつ。
うるめのあくびはふわりと小さな白い息になってゆっくりと消えていくのでした。

なんか幸せ。

今年も皆さまにとって最高の一年となりますように。

(うちの年賀状。写真はこの1月竣工の2つ目の作品なのですよ)
  


Posted by +0 atelier at 13:32Comments(0)