京つう

  住まい・建築  |  右京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2007年06月30日

猫の病院

仕事が忙しくなると、とたんに更新出来なくなりますね。

それでも合間をぬってうちの猫(うるめちゃん メス 2ヶ月半)に
ワクチン注射をお願いしに動物病院へと行きました。

なんというか「人なみ」ですね。
昔、動物病院の設計にかかわったことがありますが
お客(患者?)として訪れるのは初めて。
普通の病院のごとく受付があり、待ち合い室があり、と
わかっていても何か不思議。
いっそのこと受付の人が猫のおめんか何かつけてくれると
落ち着くのだろうかなどと、そんなふうなことを考えていました。

注射針が刺さった瞬間とびはねた猫のうるめちゃん。
家に着いてテンションが下がるのかと思いきや、
がつがつとモンプチ(子猫用)をたいらげたのでした。

おい、うるめ、噛んでるか?
  


Posted by +0 atelier at 18:06Comments(0)

2007年06月27日

HP更新しました。

ひさびさにワタクシのHPを更新しました。
このブログの記事にしようかとも思いましたが、
HPのほうがいいような、ということで。

一級建築士の免許の話しです。

興味のある方はぜひどうぞ。
下記の長ーいアドレスはその記事へ直接ジャンプします。
http://www.eonet.ne.jp/~p0a/conc/menkyo.html

トップページhttp://www.p0-a.comから入られた方は
「6/27コラム更新!」をクリックするとジャンプします。

写真は私のアトリエの玄関です。  


Posted by +0 atelier at 18:14Comments(0)

2007年06月26日

工場・団地クラブ?

こんなニュースを見ました。
全国の団地や工場をまわり、写真に納める。
クラブというか、マニアといったほうが良いのか。

ただ、写真はどれも、どこか寂れた感じで、なるほどおもむきがある。

広々(閑散?)とした芝生や植込みの中に建つ団地(おそらく公団)
の前で取材を受けている彼曰く、
「自然の中に突如としてあらわれる巨大な建物がいい感じ。」
たしかそんなふうなことを云われてました。

うーん、何か建築について語っている様な。
でもちょっと違う様な。

私が思うに、彼が感じていたのはこういうことではないでしょうか。つまり、

「ユートピアもしくは、その一端を担うむきだしの建物が、時を経て、
 寂れながらも、ようやく現実に定着した様に萌える」

違っていたらごめんなさい。
でもその写真、嫌いじゃなかったです。
むしろ好きかも?  


Posted by +0 atelier at 18:23Comments(0)

2007年06月25日

抽象を具象に

私の作品をアメリカ在住のプログラマーの方に
見てもらえる機会がありました。
いつかは一度見てもらいたいと思っていた人で
念願かなったわけです。

私の英語力はぜんぜんなので通訳を介してとなりました。

見てもらった作品はあえて全体を把握しずらくしているにも
かかわらず、ある場所を空間のセンターと位置づけ、そこから
空間の流れを読まれました。

プログラマーといえばタイピングが仕事の様に想像しますが、
そうでなく、あるアイデアや、おもしろそうだけどまだ実体
のない抽象的なものを把握して、プログラムで実装、具現化
する作業(まさにクリエイター!)なのだと彼の一番の理解者から
教えてもらい納得。

私のデザインした抽象的な空間が彼にマウントされた様で、
本当に嬉しい時間でした。

ああ、本当にこの仕事しててよかった。  


Posted by +0 atelier at 10:57Comments(0)

2007年06月23日

帰りに見た犬

夜、帰宅途中の車の中から犬を見つけた。
大型ドラックストアの前で柵につながれたその犬は
立ったまま耳と目を自動ドアからはなすこともなく
ひたすらに主人を待っているようでした。

異常に明るいお店の照明のため、犬はシルエットで、
妙にさみしさが伝わってきました。

けれど、幸せも不幸も全て自分の中にあります。
ただ、かといってそれが自分の存在証明に
なるわけでもない。
「攻殻機動隊」の原作者はそれを「ゴースト」や
「既視感」に求めましたが、ことはそう簡単で
ないようです。

直感ですが一人では証明できない様なことなのでは?

建築を器だというのは簡単だけど、
ただの器でいいのかな、そんなふうなことを次の信号で
止まるまでにぼんやり考えました。

なんか暗いなぁ。この文章。
まぁいっか。
さぁ仕事、しごと。  


Posted by +0 atelier at 10:41Comments(0)

2007年06月22日

アンゼルム・キーファー

少し前の芸術新潮をめくっていて、アンゼルム・キーファーの記事に目が止まり、
昔一度だけ京都の国立近美でキーファーの作品を見たことを思い出した。  続きを読む


Posted by +0 atelier at 11:22Comments(0)

2007年06月21日

「初めまして」か「こんにちは」かどっち?

ブログを始めることになりました。
タイトルに初めまして!とタイプしかけてふと思いましたが、このブログを
はじめて見に来てくれた方に「初めまして」でいいのでしょうか?  続きを読む


Posted by +0 atelier at 18:24Comments(2)