京つう

  住まい・建築  |  右京区

新規登録ログインヘルプ


2007年08月19日

ポケモン

最近のおもちゃってすごいという話。

先日の休み中に会ったお子様が手にしていたのが、ポケモンのおもちゃ。
そのおもちゃはポケモンの怪獣が生まれる(?)前の「たまご」(?)の様な形で、
ちょうど野球ボールぐらいの大きさ。
そこに小さな液晶画面と、小さな発光レンズがついています。

その発光レンズを壁や机や、なんでもいいのですが押し当ててボタンを押すと、
運がよかったら怪獣が液晶画面に現れて、ゲットできるという代物でした。

その押し当てる壁や机などの色の違いや、反射の度合いでゲットできる怪獣が
違ってくるもんだから、色んなところに押し当てては怪獣を探していきます。
きっと子ども同士のこんな会話が想像できます。

「うわ、その怪獣どうしたん?」
「これな、ウチの台所の壁でつかまえてん」
「これと交換して!」
「えー、それ持ってるもん」

こんな感じでしょうか。
いやー、よく出来てますね。

最近の仮面ライダーなんかは、まず売れそうな武器やアイテムの
商品開発をしてから、それにあわせた新しいライダーをつくるそうです。
それに比べたらこのポケモン、ちょっといいかな、なんて思ってしまいます。

1998年の雑誌「AXIS」(株式会社アクシスパブリッシング)で
ポケモンについて短く触れられている箇所があります。

メディア環境研究者の桝山寛によると、ポケモンはベーゴマやメンコといった、
「交換」する「ネットワーク」ゲームであるとし、手紙や電子メールと同じか
それ以上の魅力があるとか、そんなふうなことを言われてます。
これを受け、同誌はゲームが「遊び」から「コミュニケーションツール」へと
進化していると書かれていました。

まぁ「手紙」から「メール」へ、ツールが移行して確実にその「質」が落ちて
いることを思うと、なんともフクザツですが、
もともと子ども同士のコミュニケーションツールだった「遊び」が、
一度ゲームで壊れ、また形をかえてもどってきたということでしょうか。

「ピカチュウは?」
「ここにいるよ」

私の唯一知っている怪獣の名前を、苦し紛れに聞くと、
しきりにボタンを押して見せてくれた時の笑顔が印象的でした。



Posted by +0 atelier at 18:30│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。