京つう

  住まい・建築  |  右京区

新規登録ログインヘルプ


2011年05月17日

京響

さて、先日聴いた京響(京都市交響楽団)の定期演奏会、良かったです。

なにやら京響はここ何年かでずいぶん良くなったとか。
普段から聴いてないので、というかクラシック音痴な私(笑)なので、そのあたりの
ことはよくわからないのですが、なんかこう迫るものがありますね。

ま、それはなまの演奏だからとかもあるんでしょうけど、音が音として入ってくるような。
それぞれの楽器の音色もすごいんですけど、それが重なってもっと上のカテゴリーの「音」が
わぁーっと満ちてるような感じ。

うまく言えないですけど(笑)。

この日演奏されたひとつがマーラー:交響曲第5番嬰ハ短調。

マーラーって今年で没後100年だそうで、百年たってもまだ演奏されて、というかおそらくずっと
聴き続けられていくってすごい作曲家ですね。
100年後の、しかもクラシック無縁の私なんかが聴いても何かのめり込んでいく作品って、ねぇ。

「映画(作品)とは良いも悪いも全部残っていく。何十年たっても悪いところがあれば
 それは全部記録として残っていく。だからいつも皆に言っている、本気でやれってね」

こんなことを言ってるのは、なんのことはない、シルベスター・スタローン(笑)。
(あれ?もっとなんかこう、すごい人かと思った?)
でもま、マーラーからスタローンへの落差は置いておいて(笑)、マーラーが五線譜に音符を書き込む
瞬間はやっぱり本気だったんですかね。

永遠に聴けーって。
そんなふうなこと、思いましたかね。

あ、でも今の時代は違うのかな。
先月出たYUKIの新曲、サビの歌詞はこんな感じ。


「三日月・・・夜空が笑っているみたいに見えるよ」っていう話
 わかってくれて ありがとう
 2人を写す記念写真は残らなくってもいい 今の君がいい
 残らなくってもいい 今の君がいい


うんうん、これはこれでいい(笑)。



Posted by +0 atelier at 11:21│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。